プロフィール

まさか15年も悩んだおでこの広さを半日寝るだけで狭くできるとは。。。

一生ハゲない髪の毛が車より安く手に入るなんて知らなかった

 

さて、数ある自毛植毛サイトの中から当サイトにお越しいただき、ありがとうございます。

当サイトの管理人兼自毛植毛経験者のたばやんと言います。

生まれつきおでこが広く、周りから

「前髪がない」とか

「気持ち悪い髪型だね」とか言われ、不登校になりかけた僕が

後頭部の毛1,767株(3,233本)をドナーとして使い

おでこへ自毛植毛(FUT)の手術に挑戦した結果

今では美容室でカッコよくカットしてもらえるようになり、

それだけじゃなく彼女も作れるようになったり、

髪の毛のセットも5分でキマるなど人生が180度変わりました。

そんなことが本当に可能なのか信じられないですよね。

こんな手段をとった僕がいったい何者なのか、簡単にご紹介していきます。

ちなみにこれ、

全て実話(ノンフィクション)です。

 

Contents
  1. 生まれつきおでこが広いせいで苦しんだ小学生時代
  2. 中学時代:キノコ脱出のために美容室へ行き校則無視してワックスを付けて登校
  3. 高校時代:動いている自分のおでこの広さに危機感を覚える
  4. 大学時代:パーマをかけたり染めたりしてさらにごまかす
  5. 明らかに自分のおでこの広さが異常だとわかったのは23歳
  6. 育毛対策をしていたが全く効果が出ず絶望した24歳
  7. あらゆる手を尽くしたものの全く効果が出ず、ようやく植毛を決意した25歳
  8. 年明け早々に無料カウンセリングで自分がAGAではないことがわかる
  9. 職場にバレるのを防いだ「ある方法」とは
  10. ようやく出会った自毛植毛で人並みのおでこを取り戻す
  11. もし自毛植毛の選択を取らなかったら・・・
  12. 現在おでこの広さは8cm→7cmに
  13. 永遠にハゲない髪の毛を手に入れたい方へ

生まれつきおでこが広いせいで苦しんだ小学生時代

小学校の時の修学旅行の写真です。

この頃はあまり気になってはいませんでしたが、ツッコミどころ満載の写真ですよね笑

小学生の頃から

おでこが広く、オカッパヘアのせいで

「不潔な植物だね」

「キノコのほうしばらまいてみて!」

「味噌汁の共食いってできるんだね」

こんなあだ名を付けられました。

 

僕はいつから植物になったのでしょうか。

給食で出てきたキノコも嫌いでしたし、共食いもしていません。

キノコと言われて尚嫌いになったくらいですから。笑

 

また、前髪がすでにベタベタする感じになっていましたので

「なんでいつも前髪ベタベタなの?」

「気持ち悪いから近づかないで」

なんて言われてもきましたし

生まれつきおでこが狭ければ

とっくに坊主にしていましたね。

 

髪の毛以外にも眉毛も濃かったんですね。

前髪を伸ばし始めたのも

眉毛が濃くて眉間にも生えてきたので

「両津」

と名付けられましたし

「名前を両津キノコに改名したら?」

とまで言われたこともありました。

 

また、人より顎が少し長かったので

「顎しゃくれ!!」

「顎でジェスチャーしてみて!」

こんなあだ名のオンパレード。

 

今思えばよく自殺しなかったなあと。

地方の公立学校なんてこんなもんですよ。

今はもう北海道から上京してきましたが

こんな嫌な過去があるのでもう地方には戻りたくないですね。

教師にも馬鹿にされていましたし、学校は今でも嫌いです。

学校はパリピの独壇場ですからね。。。

 

当時はまだネットが普及しておらず

誰にもこのストレスを相談できる人がいませんでした。

女子にも避けられていましたし

一緒にゲームができる友達くらいしかいませんでした。

 

それでも僕は長男だし無駄に忍耐力だけはあるので

辛うじて通学はできていましたね。

親に悩んでいるのがバレたくなかったですし。

 

中学時代:キノコ脱出のために美容室へ行き校則無視してワックスを付けて登校

こんな小学生時代のままいきたくなかったので

思い切って中学2年生から美容室へ通い始め

登校時にワックスをつけるようにしましたね。

 

「絶対にキノコ脱出してやる」

3年間髪型でいじめられてきた男の

対処法がこれでした。

 

結果、新たにあだ名がつきました。

その名も

「ライオン」。

 

キノコに比べたら

10000000倍もマシになりましたね。

肉食獣じゃないですか。

不潔な植物扱いされるよりよっぽどマシです。

 

ただ当時、見た目によるいじめはなくなりましたが、同時に気になる発言も受けました。

「お前ってワックス付けたら前髪なくなるよね」

全然そんな自覚が無かったので

奇妙だなと思いましたね。

 

この時点でも若干気づいていましたが

汗をかいたり、自転車に乗って通学している時や部活で走ると

風が当たると猫っ毛なのもあり

前髪が後ろに持って行かれてしまい

数分で前髪がスッカスカになっていましたね。

正面から扇風機の強風が当たっているような感じですね。

 

しかも一度後ろに持って行かれると

手で触らないと元に戻らないんです。

動いたら残念になるタイプです。。。

 

この状態って一度汗をかくと

タオルドライしてもサラサラにならないんですよ。

スポーツは好きなのに汗は嫌い。

一回でいいから前髪を気にしないでスポーツしてみたかったです。

スポーツ自体は好きなのにおでこが広いせいで純粋に楽しめなかったんです。

 

プールや海なんて

おでこ広くていじられたいドMではないので

死んでも行きたくなかったですね。

 

本当は野球が好きで野球部に入りたかったのに

野球部は坊主にしないといけないから断念。

髪の毛をある程度伸ばせるスポーツに入るしかなかったんですね。

 

結果、髪の毛に自由が効きやすい

バスケをやることにしたっていうのがきっかけです。

ポジティブ要素0でスポーツをするような人間、それが僕です。

決してバスケを馬鹿にしているわけではありません。

バスケ自体は好きですけどね。髪の毛さえ持って行かれなければ。

 

高校時代:動いている自分のおでこの広さに危機感を覚える

これが高校3年生の時の写真です。

おでこ広すぎません?

この時から軽く指5本は入るレベルで広かったんです。

 

このおでこを隠すために髪の毛を伸ばしていましたが、

部活の顧問から

「髪の毛長すぎだ!今すぐ髪を切れ!」

と部活内のメンバー全員がいる前で

デカイ声で言われたことだってありました。

「おでこが狭かったらとっくにそうしてるよ・・・」

と内心思っていましたが、結局眉上くらいの長さまで切りましたね。

 

自分で自分の動いている場面の写真を見ることが

なかっただけに驚きましたね。

「一回でいいからおでこが狭くて悩んでいる」

と言ってみたいです。。。

 

このおでこを隠すために

毎朝6時前に起きて髪を一度濡らしてタオルドライ。その後ドライヤーを当ててクシでとかす。

アイロンで髪を巻いて、ワックスやスプレーでガッチリ固め

雨風に強く毎日キメて通学していました。

ちなみに男性です。

大学時代:パーマをかけたり染めたりしてさらにごまかす

相当チャラい見た目をしていますが、

これは成人式の時に撮った写真です。

一見すると

「お前ハゲてないだろ?」

と思われるかもしれません。

 

しかし、ここに出席する前に美容室で前髪がスカスカにならない髪型にカットしてもらっているんですね。

スカスカにならないように

髪を一度濡らしてからドライヤーで乾かし

そしてスプレーでキープ。

 

大学の同級生にバレないように

隠そう隠そうと思い

いつの間にか人間不信に。

 

このころから、自転車に乗る時や帰省する時など

外出時に前髪が持って行かれそうな場面では

帽子も被るようになり、

徹底的に前髪が崩れないような対策を

するようになりました。

 

ただ見た目を気にするだけでは彼女は全くできず

4年間を棒に振りましたね。

 

おでこが広いせいで

これがコンプレックスとなり精神的にも

悪影響が出ました。

さらに元々内向的でコミュ障だったのもあり

自己嫌悪になりストレスで涙を流すこともありました。

 

それに加え

性欲も強かったので、、、

ヒゲは濃くなるわすね毛はボーボーになるわ

腕毛や指毛も濃くなってきて

おでこは広くなるのに体毛は濃くなってきて

正直死にたくなっていましたね。

 

卒業旅行でディズニーに行った時にもおでこの広さに違和感

大学の卒業旅行には無事に行けたのですが

スプラッシュマウンテンで撮られた写真を見て

「このおでこの広さ、マジでやばい気がする・・・」

 

温泉や海、プールを避けてきましたがこれは想定外でした。

これ以降まだスプラッシュマウンテンには乗っていません。

 

このままでは一生

水に関わる遊びができなくなるんじゃないか

もっとお洒落な髪型にして人生を楽しみたい!

このままだと何もできずに人生が終わってしまうんじゃないか

生まれてきて申し訳ない気持ちが出てくるなど精神的に不安定になり始めた

そう感じ始めた頃でしたね。

 

明らかに自分のおでこの広さが異常だとわかったのは23歳

「あれ?髪の毛がこんなに抜けてる?」

そんな23歳の時に偶然、洗面台で自分の前髪をかき上げた写真を見た瞬間に

「これはヤバい・・・」

と、まるで寝坊した朝のような危機感を覚えました。

おでこが張ってしまい、かつM字が深いという最もハゲて見られる頭になっていたのです。

このままだと手遅れになり、

ハゲてしまったら

結婚どころか彼女もできず、

職場でもネタ扱いされてしまいハゲている自分が嫌いになって自殺してしまうんじゃないか

そんなのは絶対に嫌だ!!!

 

と、永遠にハゲない髪の毛を手に入れようと対策を本格化させていきました。

というか、

「ハゲるくらいなら死んだ方がマシだ」

という気持ちであらゆる対策をしてやろうと思っていましたね。

広さは指が5本丸ごと入るくらい。

4本で広いと言われてるのに5本ってもはやハゲの仲間入りやん。。。と思うことも。

最初は髪の毛を毎日セットしたせいなのか、ヘアケアを全くやっていなかったからなのか、あらゆる原因を探しましたが、結局何が原因か分からず、とりあえず育毛対策をスタートして様子を見ることに。

育毛対策をしていたが全く効果が出ず絶望した24歳

23歳、24歳という若さで

育毛剤やヘアケアシャンプー(○ャップアップ)で対策を行なってきたものの、

残念ながら一向におでこが狭くなることはありませんでした。

というのも、

なぜ僕のおでこ(M字の剃り)がこんなに広かったのかというのが、

そもそも生まれつき毛根のない部位だったからです。

 

さらに中学校3年間で身長が15cm(161cm→176cmに)伸びてしまったため、髪の毛の方が追いつかなかったのではと今では考えています。

これはあくまで推測ですけどね。

このため、育毛剤・シャンプーでは全く効果が出ず総額10万円ほどお金を無駄に使ってしまいました。

お風呂場の抜け毛の多さを感じ効果ないと実感

育毛ケアをするにあたり、当時は実家で親と妹と暮らしていたので

バレないように一番最後にお風呂に入ることに。

自分が入り終わってふと床を見ると

「え?こんなに毛が落ちてるのか・・・」

気付いたら風呂場に毛があることすら嫌になっていて

潔癖になっていたのかも。

血行が良くなる入浴剤なども試してみましたが、なんの効果もなかったですね。

ひとり暮らしをしている現在もお風呂場や床に毛があると当時の抜け毛を気にしてしまいますね。。。

 

自分専用のドライヤー・ストレートアイロン・ワックス・スプレーで毎日おでこをごまかす毎日

そんな状況下でも

「毎朝のヘアセットだけはサボるとバレてしまう」

と毎日成人式に出席するのかと思われるくらいヘアスタイルを固め続けるのはやめませんでした。

いっそのこと、短く切ってしまおうかな

そう思ったこともありましたけどね。

でも、できないんですよ。

顔の余白の広さとおでこが広すぎてバレてしまうから。

自分がカッコ悪い容姿をしているのがわかってしまうとマイナスの評価を受けるのでは

と、素の自分が出せなくなっていたんですね。

高校時代からずっと本当の自分を出せずに隠し通すこと早6年。

「このままではおそらく彼女どころか結婚も無理だろうな」

と、自分の髪の毛で顔の余白とおでこを隠すようになってから異性との関係性もなくなったことに異常なまでに危機感を覚えるようになっていました。

というのも、周りは既に結婚秒読みの彼女がいたり、街コンやネットで出会った彼女と長続きしている友達、合コンで出会い、意気投合し結婚した職場の先輩もいるなど

みんなプライベートが充実しているんですね。

これに対し自分は黙々と働きながら何も変わらない毎日を過ごしているだけ。

いつの間にか比較してしまい、

「いよいよ植毛しなきゃダメだなこりゃ。。。」

「20代のうちにやらないと結婚できなくなるぞこれ・・・」

男は顔じゃないと言われていますが、僕は信じていません。

きれいな生え際とバランスの良い顔立ちがあって初めて

マッチングアプリのいいね数が増えるんですから。

仮に少し盛った写真を選んで載せても実際に会ったら絶望されてそれ以降メッセージが来なくなることも5回ほどありましたし、

そりゃ女性だってイケメンだと思って会ってみると

おでこの広さが指5本も入るブサメンが来たらドン引きしますよね。

もちろん、ビアガーデンとかライブイベントとか行ったことはありましたが、知らない女性に声をかけるなんて到底無理でした。

 

でも、薬にだけは手を出したくなかった

でもプロペシアやミノキシジルのような

薬には絶対に手を出したくありませんでした。

これは単に僕がまだ20代だからと言う謎のプライドがあったからなんですけどね。

 

切り口を変え骨盤矯正をしたみたが

育毛剤が効果0だったので

「そもそも頭の形が悪いからなんじゃないのか?」

と思い、骨盤矯正に3ヶ月通ってみました。

 

足腰の状態は良くなりましたが、

こちらも結果何も変わらず

「少し痩せた?」

と言われたくらいでしたね。

 

「いやそこじゃないでしょ!」

とツッコミたくなりましたが。

あらゆる手を尽くしたものの全く効果が出ず、ようやく植毛を決意した25歳

あらゆる手を尽くしましたが、植毛以外の手段は全ておでこを狭くするのに1ミリも貢献してくれませんでした。

最後の手段として、自毛植毛をようやく決断。

「なよなよしている」とか

「ガリガリすぎて気持ち悪い」

こんなのは言われ慣れていましたが、

決断力は超肉食系でした。

好奇心旺盛ですぐに試してみたくなるのは昔から変わっていません。

新しいものは今でも大好きですし、いち早く飛びついて最新の機能を使いこなして知識と経験を手にしたい欲求は衰えていませんでした。

そんなに好奇心旺盛だからと言えども

まさか20代でおでこに自毛植毛するなんて学生の頃は考えてもいなかったわけですが

生まれつき生えてこない部分に何をしても生えてこないので、泣く泣く選んだ感じではありますね。

年明け早々に無料カウンセリングで自分がAGAではないことがわかる

いくつかのクリニックを渡り歩いてカウンセリングを受けてみましたが、結局僕が受けたのはヨコ美クリニック。

どんなスケジュールで行ったのか振り返っていきます。

2019年1月に年明け早々、東京旅行のついでに横浜にあるヨコ美クリニックへ。

日本人で初めてアメリカ毛髪外科専門医に認定された名医の今川先生の元へ、無料カウンセリングに行き(現在は有料)

その日のうちに見積もりまで出してもらいました。(範囲は写真のとおり)

 

カウンセリングでどうしても確認しておきたかったのが

自分のこのおでこの広さが

薄毛が進行しているのか

それとも生まれつきのものなのか

どっちなのかをハッキリさせたかったんです。

 

伝えられたのは

「全く薄毛の症状は見られないね」とのこと。

 

そりゃ薄毛対策をしても意味ないわけだな。。。

とは言えハゲて見える状態から一刻も早く脱出したかったので、

その日に手術の日程を調整。

 

9ヶ月待ちということでしたが、

今川さんの経歴とカウンセリングで聞いた情報と説得力から

「間違いない。この人は本物だ!」

実はここに行く前に

2,3個ほど別のクリニックの無料カウンセリングに行っていましたが、

正直売り込み感が強く信用するに至らなかったため、その後の連絡は一切無視していたんですね。

 

でも今回は違いました。

無料カウンセリングに来たのに

「いや、薄毛は進行していませんよ?」

本当だったとしてもこれを素直に言えてしまうのは本物しかいません。

 

仮に偽物というか未熟な医師だったら

嘘だったとしても

「これは完全にAGAですね。今すぐに手術が必要です」

こう言ってもおかしくないですからね。

実際に他のところではそう言われたので。笑

 

ちなみに、ヨコ美クリニックで植毛を行った部位は

植毛を行った部位

M字部分

もみあげ

こめかみの一部

となります。

 

何はともあれ、26歳の誕生日を迎える前に

早速手術の日程を決めたので

あとはどうやって休暇を取ってどうやってバレないようにするか

対策を考えました。

 

その結果、ある1つの方法をとることで誰からも疑われずに済む方法を思いついたんです。

 

職場にバレるのを防いだ「ある方法」とは

結論からいうと、

9月に「翌年の3月末で退職します」と退職願を提出し、10月に引越し先を探しに行くという作戦を立てました。

これなら誰からも不審に思われることもないし

逆に退職するから事前に業務量を調整してくれるなと一石二鳥。

結果的に誰からもバレることはありませんでした。

むしろ退職の方に話題が傾いてくれたおかげで、植毛をしたという事実を隠すことができましたからね。

 

ようやく出会った自毛植毛で人並みのおでこを取り戻す

これが手術後7ヶ月目の姿です。

 

ちなみに手術前の悲惨なおでこをもう一度。

よく見たらおでこだけじゃなくて

こめかみの一部もそもそも生えてきていなかったんですね。。。

あと、もみあげも生えてないし。

こんな毛根でよくこれまで美容室に言ってたなあ

と今はつくづくそう思います。

 

おでこが狭ければ野球部に躊躇なく入っていたでしょうし

もう少し上半身に筋肉がついていてTシャツが似合う男になっていたかもしれません。

 

今では当たり前のように

生えてきているから気付きませんでしたね。

美容師さんはこの生えない部分をカバーするように長い毛を残してくれていたんだろうなあ。

 

もし自毛植毛の選択を取らなかったら・・・

もし自毛植毛という選択肢を取らなかったら

上の画像のラインまで髪の毛は確実に手に入らなかったですし

ということは

死ぬまでハゲることを気にしていたでしょうし

僕はスキンヘッドが似合わないタイプの頭の形なので、

仮に彼女ができても僕の受難は一生続くのかと思うと

彼女も憂鬱になってしまうんじゃないかと不安な気持ちにさせてしまうことになったかもしれません。

仮に結婚してもお相手の親族に

「あの人おでこキテそうだけど子どもできたら大丈夫?」

「娘ができたら参観日に帽子を被ることになるんじゃない?」

「最終的には娘に来るなって言われるだろうね」

とマイナスイメージが先行していたことでしょうし

 

奥さんにも

「昔はカッコ良かったのに」

「あなたとは子どもを作りたくない」

「最初にお風呂に入らないでくれる?」

「洗面台に髪の毛落ちすぎ」

職場の同僚や周りの友人は

「お前まだ彼女いないの?」

「そろそろ結婚したらどうなの?」

「ずっと独身だと辛くない?」

とサラッと自分の心に刺さるような一言を言われるでしょうし

 

忘年会や新年会、同窓会などで久しぶりに会った昔の友人からも

「お前誰?そんなに薄かったっけ?」

「そろそろAGA対策したら?」

「毎日髪セットしていたダメージが来たんじゃね?」

と笑われるでしょうし

 

初対面の方からは

「え!?20代なんですか!?40代かと思いました」

このような未来は避けられないでしょう。

 

そして自分のヘアセットも

「なんか前髪が割れたままだなあ。。。」

「こんなに前髪スカスカだったっけ」

「スプレーしても髪の毛が動いちゃうんだよな」

毎朝これの繰り返しになるわけですね。

 

 

実は手術2日後の飛行機が欠航になっていた

これは余談ですが、

手術した2日後に飛行機が欠航となってしまいました。

直撃するのか怪しい10月だったので、心配していましたが、悪い予感が見事的中。

元々は手術した翌々日に帰る予定だったのを1日早めることになりましたが、結果的に台風をギリギリのところで回避に成功。

まさか天候も僕の敵となるとは思っていませんでしたね。

お客様満足度ナンバー1のクリニックで植毛したので、9カ月も先の予定を決めることになるので、何が起こるかわからないのが怖かったですね。。。

 

現在おでこの広さは8cm→7cmに

ようやくおでこの広さが8cm→7cmとなり、

ひとまずハゲは脱出。

指5本丸ごと入っていましたが

今はちょうど指4本ぴったり入るくらい。

指5本も入ると

ちょっとの風や雨にやられると

「ヤバい!ハゲて見られるかも!」

と寝坊した日の朝と同じ感覚を憶えちゃいますよね。

これが無くなっただけでも自分の髪の毛に自信がつきました。

 

 

どんなに雨がひどくどんなに強い風が吹いても

寝坊してワックスやスプレーをしなくても

サラサラヘアの状態で帽子を被らなくても

全く気にせずに外出することができるようになりましたし

温泉にも頭の上にタオルを乗せることもなくなりました。

 

しかも想定外に驚いたのが、

行きつけの美容師さんに話したらまさかの高評価だったこと。

これまで以上にかっこいい髪型にしてもらうことができましたし、

自分の髪の毛に自信を取り戻し、コミュニケーションにも少し自信を取り戻した気がします。

ただ、台風がもし直撃して飛行機が飛ばなかったらと思うと、今でもゾッとしますね。

そして、もし料金の高さにビビって今も自毛植毛手術をせずに過ごしたままでいたら今も

友人からは「前髪風で持っていかれすぎじゃね?」

と言われ続けますし、

 

彼女からは「ハゲる子どもを作りたくない!」

なんて思われ続け嫌われてしまうかも。。。

 

職場からは「前髪汚いね・・・」

と冷たい一言を浴びせられ、居場所を失いかねません。

 

実は自毛植毛は1度で完璧な密度を手に入れるのは難しい

これは術後7ヶ月経過した実際の僕の写真なのですが、

実は同じタイミングで撮影したものです。

多くのクリニックで掲載している写真はオールバックの写真ばかりですよね。ここに実は罠があって、それは

オールバックにすることで術後の密度を100%に見せかけている、ということなんです。

事実、技術力や口コミの評価No.1のヨコ美クリニックでも

1度の手術で満足のいく密度を得られることはほぼありません。

本当にここを隠すクリニックが多いんです。

 

永遠にハゲない髪の毛を手に入れたい方へ

そんな僕の体験から、

少しでも髪の毛にお悩みの方へ、

メンテナンス不要で永久的にハゲない自毛植毛のメリットと

僕が実際に手術をしたヨコ美クリニックを初め、

失敗しないクリニック選びと実際に自毛植毛を経験してわかった知識などをご紹介をしていくのが

僕の簡単なプロフィールと当サイトのコンセプトです。

 

【安心】基礎知識は書籍から取得

基礎知識はネットからでもある程度習得できますが、中にはクリニックの都合の良い解釈をされている印象も。

AGAが進んでないのにAGAですよと売り込んでくるクリニックもあるくらいです。

一番騙されやすいのがAGAではなく、

生まれつきおでこが広いためにAGAだと勘違いしてしまう人なんです。

他の男性、特に若い方にはそんな失敗をして欲しくないからこそ、当サイトを立ち上げ、本当に自毛植毛が必要な方、

特に自分のような生まれつきおでこの広さに悩み、間違った育毛対策をしてしまっている方へ

初心者でも分かるように、自毛植毛の最低限抑えておくべき知識と料金、術前術後の経過を赤裸々にご紹介します。

実際に僕が自毛植毛の手術を受けたヨコ美クリニックとはどんなところで、どういう流れで手術をし、術後の経過はどんなケアをしたのか次の記事で赤裸々に書いていますので、ぜひご覧くださいね。

\M字ハゲ脱出/
生の体験談を読む

生まれつきおでこが広くて悩んでいる方は体験談をご覧ください。
体験談はコチラ
生まれつきおでこが広くて悩んでいる方は体験談をご覧ください。
体験談はコチラ